診療科・センター・部門

循環器内科

概要・特徴

当院は淡路医療圏域で唯一の高度心臓救急に対応できる施設であり、重症患者さんを決して断ることなく24時間体制で受け入れています。夜間や診療時間外であっても必ず内科医が常駐し常にオンコールの循環器内科医と密に連絡をとりながら最適な循環器救急を提供しています。
高齢者比率が高い淡路島内では循環器疾患患者さんの多くが高齢者であり多数の合併症を持っておられます。当科では、高齢者の特性を常に念頭に置き、循環器疾患のみにとらわれず、他科とも協力して総合的な診療ができるように努めています。
循環器内科では心臓血管外科と協力しながら全ての循環器疾患に対して対応しています。
また、当科独自の取り組みとして以下のようなことにも取り組んでおります。

(1)新しい心不全診療体制の構築と臨床研究

高齢化の進行とともに日本の心不全患者数がピークを迎えるのが2035年とされています。いわゆる「心不全パンデミック」時代の到来です。心不全パンデミックへの対策は、日本だけでなく世界でも喫緊の課題となっていますが、実は日本の中でも特に高齢化が進んだ淡路島の65歳以上の高齢者比率は、すでに2035年の予想値である33.7%を上回っています。実際、当院の心不全入院患者数はここ10年で倍増し、循環器病棟は高齢心不全患者であふれかえっていますので、淡路島はまさに日本の未来の心不全パンデミックについて研究するのに理想的なモデル地域と言えます。このような背景の下、当科では他の地域に先駆けた高齢心不全患者の診療体制の構築を目指しています。そしてその第一歩として、島内の他の医療機関の御協力もいただき淡路島の心不全入院の現状把握調査を開始しています。さらに疫学的な臨床研究を進めることよって、高齢心不全患者の特徴の抽出、有効な対処方法の検討を行い、最終的には、予後・生活の質(QOL)・健康寿命の改善へと結びつけていけるような診療体制を整えたいと思っています。神戸大学、国立循環器病センターと共同で行っている前向き研究であるKUNIUMI研究の参加登録患者数は、令和2年7月21日現在で1196例となっており、すでに2年目のフォローアップが済んでいる患者さんも一部おられます。これらの研究は、病院の全面バックアップの下で順調に進行しており、淡路島の心不全入院のほとんどが当院に集中し、また、患者さんの島外への移動も少ないという地理的な特徴から、信頼度の高い貴重なデータになることが期待されます。

(2)大動脈弁バルーン形成術(BAV)

大動脈弁狭窄症の患者さんの多くは併存疾患を持った高齢者ですので、手術治療よりも侵襲度の小さいカテーテル治療が選ばれることが増えています。カテーテルを使って人工弁を挿入する経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)が主流ですが、大動脈弁拡張のみで人工弁を用いないBAVは、診断機器の進歩によって安全かつ確実に施行できるようになり、効果ではTAVIに劣るものの侵襲度・安全面では優れており、全身麻酔が不要で緊急でも施行可能なため見直されてきています。BAVは比較的コストが少なく再発時も繰り返し行え、治療後数日で退院が可能ですので、高齢者に適した治療法です。当院では2014年からBAVに取り組み、今日では日本有数の施行経験を持つ施設となっています。他施設から循環器専門医がBAVの手技見学に来られることも多く(BAVワークショップの定期開催)、当院スタッフの岩崎正道医師によるBAV技術解説書も市販されています。最近は、学会や論文投稿などにより、BAVに関しての蓄積された臨床データを積極的に発信しています。

(3)足のきず総合医療センター

下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)は、心筋梗塞や脳梗塞の発症頻度が高い全身性の予後不良疾患です。循環器内科では糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の管理や冠動脈疾患の早期発見を行いASOの血管イベントの予防に努めています。また、重症下肢虚血(CLI)では、皮膚潰瘍・皮膚感染から下肢切断を余儀なくされることもあり、切断後の歩行能力の維持には踵を残すことが重要とされています。当科と形成外科を含めた複数の科が「足のきず総合治療センター」としてCLI治療に取り組んでいますが、我々は末梢血管インターベンション(EVT)治療によって下肢血流を改善させることで切断範囲をできるだけ小さくすることに貢献しています。また、下肢のEVTだけでなく、透析シャント経皮的血管形成術(PTA)も増加傾向です。

(4)増加するカテーテル治療とカテーテルアブレーションの開始

全国的に冠動脈インターベンション数が頭打ちする中、当院のPCI数は年々増加しており、来年度からアンジオ室が3台になることが決定しました、アンジオ室が増えカテ枠に余裕が出ると、島内完結型医療を目標とする当院の長年の課題であったカテーテルアブレーションが可能になります。これまで、アブレーション症例は島外へ紹介せざるを得ず、アブレーションの開始は、当院の悲願であると同時に近隣の医療機関からの最大の要望でもありました。そしてこのたび、神戸大学循環器内科講座(平田健一教授)にご協力いただき、令和2年7月に不整脈医である山下宗一郎先生が常勤医として赴任されました。今後はカテーテルアブレーション数を徐々に増やしていき、2-3年後には年100-150例以上を目指して取り組んでいきたいと思います。

治療実績

診療実績2018年2019年2020年
待機的カテーテル検査・処置78111251141
緊急カテーテル検査・処置209245302
CAG636863811
LVG11118
PCI262324321
EVT104119108
シャントPTA234559
BAV382528
PTSMA97
ablation53
ペースメーカ新規植え込み274360
ペースメーカー電池交換1917
CRT-P2
下肢造影検査549770
ロータブレータ294822
OAS50
OCT229397354
OFDI5989116
IVUS74132119
FFR717887
IABP456547
PCPS141614