診療科・センター・部門

心臓血管外科

概要・特徴

当科は2019年4月から新しい体制で診療を開始しており、心臓血管外科専門医2名(指導医2名)を含む4人の心臓血管外科専属スタッフに、外科研修医1名を加えた総勢5人体制となりました。専属スタッフは、すべて神戸大学大学院心臓血管外科学講座(岡田健次教授主宰)より派遣されており、今後恒久的に安定した人材派遣ができる体制となっております。

新体制結成後、淡路島の患者様の循環器診療にチーム一丸となって従事しており、2019年度は当院開院以来最多の開心術症例数(114例/年)となっております。また同時に安定した治療成績を残しております。また緊急症例に関しても今年度は全例、当院で緊急手術体制を整えることができております。

これまで緊急手術を含めて、島外の医療機関に紹介、転送せざるを得ず、患者様をはじめ、そのご家族の方々にも大変ご迷惑をおかけしておりました。新体制以“淡路島の患者様は、淡路島で治療を完結する”をモットーに淡路島島民の皆様に満足していただけるような心のこもった丁寧な治療を心掛けております。

地域の先生方とも積極的に情報交換ができるように、緊急手術の要請のみならず、診断や治療に難渋する症例等を含めてお気軽に相談していただけますように当科専用窓口として、24時間365日淡路ホットライン(080-2462-8159)でいつでも対応しております。また当科外来は月曜日:高橋、水曜日:杉本、金曜日:後竹でも対応しておりますので、どうぞお気軽に相談ください。

診療科紹介

当科が対象とする疾患は多岐にわたっており、心臓弁膜症や冠動脈疾患を含む心臓疾患は勿論のこと、胸部・腹部大動脈瘤から大動脈解離などの大血管疾患、さらに大腿から下腿にかけての末梢血管病変、下肢静脈瘤、透析シャント作成など、ほぼすべての成人心臓血管外科疾患に対応しております。

また新体制移行、患者様のQOLを重視した低侵襲心臓手術(MICS: minimally invasive cardiac surgery, ミックス手術) を大動脈弁、僧帽弁、三尖弁疾患を中心に積極的に行っております。また低侵襲治療の一方で、透析・大動脈石灰化症例、高齢などに付随する高度僧帽弁輪石灰化症例、再手術例なども諦めずに積極的に手術介入しています。さらに大動脈弁閉鎖不全症に対する大動脈弁形成術や大動脈基部拡張症への自己弁温存大動脈基部置換術など、新たな治療方針や手術方法を導入して良好な成績を治めております。

また大動脈疾患に対しては、人工血管置換術以外の選択肢として、手術加療の難しい患者に対しては、当院放射線科と連携し腹部大動脈瘤や胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術(血管内治療)も施行しております。

淡路島は全国でも有数の高齢化率が高い地域であり、実際、当科での昨年度の開心術症例でも80歳以上の患者割合が30%を優に超えております。しかしながら手術成績は良好であり、高齢であるからという理由で積極的治療を断念されておられる患者様も一度是非お気軽に当科までご相談ください。

手術実績

2019年度の当科での手術総数は約350例で、内訳は開心術:114例(胸部ステントグラフト挿入術9例含む)、腹部大動脈瘤が57例(ステントグラフト挿入術25例含む)、下肢動脈バイパス術などの末梢血管手術症例が19例、下肢静脈瘤手術が66肢、透析シャント造設術が63例などとなっております。

専攻医募集中

当院は兵庫県内に数カ所に存在する心臓血管外科基幹施設の一つとして、また淡路島唯一の心臓血管外科を有する公立病院として、淡路島の循環器診療に尽力をつくしてまいります。さらに魅力ある心臓血管外科学を少しでも若手医師に経験してもらい、淡路島発世界レベルの心臓外科医の育成の一翼を担うべく、新たに様々な臨床研究、学会活動、論文報告にも着手しております。

心臓血管外科を希望する外科後期研修医の先生には、外科専門医の取得はもちろんのこと、心臓血管外科専門医の取得を目指すべく、臨床経験を積んでいただきます。また神戸大学病院への研修や学位取得(大学院入学)を目標とし、希望者には海外有名施設(ドイツ、アメリカ、オーストラリア、その他アジア各国など)への留学も紹介可能です。心臓血管外科での臨床の現場は、楽しく時に厳しい環境ではありますが、努力した分だけ得られるものを我々は提供できると考えておりますので、是非一緒に働けるのを楽しみにしております。見学相談など受け付けておりますので是非当科までご連絡をお待ちしています。

(文責:心臓血管外科 診療科長 高橋宏明)

診療実績

(~令和3年3月)

心臓血管外科専門医認定修練基幹施設

心臓手術 1015例

先天性心疾患手術(心房、心室中隔欠損症など) 13例

心臓弁膜症手術 429例
(冠動脈バイパス、メイズ手術同時施行含む)

単独冠動脈バイパス術(CABG) 275例

胸部大動脈瘤手術(解離含む) 152例
(TEVAR 43例、平成25年5月~)

肺血栓塞栓症、心筋梗塞後合併症、心内異物、心外傷など 57例

心膜切開手術 89例

大動脈瘤手術 672例

胸部大動脈手術 152例
(TEVAR 43例、平成25年5月~)

腹部大動脈手術 520例
(EVAR 185例、平成25年5月~)

末梢動脈手術 781例

ASO手術(バイパス術、血栓内膜切除術など) 383例

AAO手術(血栓摘除術、バイパス術など) 162例

末梢動脈瘤、血管外傷など手術(置換術、バイパス術など) 236例

その他、末梢血管に対するIVR治療 (循環器内科、放射線科と共同):約60例/年

静脈手術 1063例

静脈形成術 37例
(大静脈 17例、門脈 6例、大腿・膝窩静脈 14例)

下肢静脈瘤手術 1026例
(血管内焼却術 282例、平成28年~)

内シャント関連手術 823例

心臓血管外科 業績

論文業績(~令和3年3月、47本)

1. Surgical treatment for acute ischemia caused by bilateral popliteal artery entrapment syndrome in an elderly patient: Report of a case.
Sugimoto T, Nishikawa H, Maeda H, Umeki M, Koyama T, Hatta T, Kurisu S.
Surg Today 32, 1102-5, 2002

2. Surgical treatment of celiac artery aneurysm: in situ aortoceliac artery reanastomosis - A case report.
Sugimoto T, Nishikawa H, Koyama T, Maeda H, Umeki M, Hatta K, Kurisu S, Sano N.
Vasc Endovasc Surg 37:125-8, 2003

3. 孤立性内腸骨動脈瘤に対して瘤縫縮術を施行した2例ー本邦報告例の検討を含めてー
高橋宏明、杉本貴樹、三村剛史、北出貴嗣、西川宏信
日血外会誌 12: 663-667, 2003

4. Infrainguinal bypass surgery for chronic arterial occlusive disease associated with essential thrombocythemia: Report of a case.
Sugimoto T, Kitade T, Mimura T, Koyama T, Hatta K, Kurisu S, Kodama K, Wakatsuki S.
Surg Today. 2004; 34: 632-5.

5. Large perigraft seroma after aortoiliac bypass with an expanded polytetrafluoroethylene graft: Report of a case.
Sugimoto T, Kitade T, Nishikawa H, Koyama T, Hatta K, Kurisu S
Surg Today. 2004; 34: 698-700.

6. Pseudoaneurysms of peroneal artery; Treatment with transcatheter platinum coil embolization.
Sugimoto T, Kitade T, Morimoto N, Terashima K
Ann Thorac Cardiovasc Surg 10, 263-5, 2004

7.特発性後腹膜繊維症による静脈閉塞に対しバイパス術を施行した1例
森本直人、杉本貴樹、北出貴嗣、若槻真吾
日血外会誌13: 13-6, 2004

8. 高度肺機能障害を合併した腹部大動脈瘤(AAA)に対し硬膜外麻酔下にminimally invasive vascular surgery (MIVS)を施行した1例
森本直人、杉本貴樹、北出貴嗣、大西広泰
日血外会誌13: 25-7, 2004

9. Surgical treatment for abdominal aortic aneurysm in patient with urinary diversion
Sugimoto T, Kitade T, Nishikawa H, Takahashi H
Ann Thorac Cardiovasc Surg 11, 214-6, 2005

10. 腹部悪性腫瘍術後の腹部大動脈瘤に対する手術経験
杉本貴樹、北出貴嗣、田中亜紀子、大村篤史、高橋宏明、三村剛史
脈管学 45: 467-70, 2005

11. 孤立性腸骨動脈瘤手術症例の検討~人工肛門例の提示を含めて~
高橋宏明、杉本貴樹、北出貴嗣、三村剛史、西川宏信
日血外会誌14: 615-8, 2005

12. 上腸間膜動脈,両側腎動脈再建を要した腎上部腹部大動脈瘤の1手術例-腋窩動脈よりの一時的バイパス使用
三村剛史、杉本貴樹、北出貴嗣、高橋宏明
日血外会誌14: 559-62, 2005

13. 肺動脈弁原発乳頭状弾性線維腫の1手術例-本邦報告例の検討
田中亜紀子、杉本貴樹、北出貴嗣
日心血外会誌 34: 334-36, 2005

14. 各科手術に伴う静脈合併病変に対する手術治療
杉本貴樹
静脈学 17: 265-9. 2006

15. An abdominal aortic rupture due to seatbelt blunt injury: Report of a case.
Sugimoto T, Omura A, Kitade T, Takahashi H, Koyama T, Kurisu S
Surg Today. 2007; 37: 86-8.

16. 静脈うっ滞性潰瘍を伴う一次性静脈瘤に対する外科治療
杉本貴樹
静脈学 18: 247-52. 2007

17. ヘパリン起因性血小板減少症―その発生機序と最近の動向―
松尾武文、杉本貴樹、和中敬子
臨床免疫・アレルギー科 48:682-90,2007

18. Surgical removal of a tilted temporary inferior vena cava filter incorporated with a large thrombus : Report of a case.
Sugimoto T, Nomura T, Kitade T
Surg Today. 2008; 38: 258-60.

19. 肺血栓塞栓症予防のための下大静脈フィルターの適応と功罪
杉本貴樹、北出貴嗣、野村佳克
日血外会誌 17: 433-7, 2008

20. 血管外科における応用的手術手技:Talor Patchを応用した大腿―膝窩―後脛骨動脈sequential bypass
杉本貴樹、北出貴嗣
兵庫県全外科医会雑誌 42:36-40, 2008

21.空置瘤の拡大をきたした膝窩動脈瘤に対する手術例
野村佳克、杉本貴樹、北出貴嗣
日血外会誌 17: 521-4, 2008

22. 胸部外傷による開胸手術例の検討
栗栖茂、八田健、小山隆司、杉本貴樹、梅木雅彦、松岡英仁、北出貴嗣、大石達郎、黒田武志、高橋英幸、野村佳克、若原鉄平
日本胸部臨床 67: 119-126, 2008

23. 両側腎動脈再建を要した腎動脈上腹部大動脈瘤に対する手術例
山中勝弘、杉本貴樹、本多祐、北出貴嗣
日血外会誌 18: 457-461, 2009

24. Extraanatomic Bypass and Coronary Artery Grafting for Coral Reef Aorta
Sugimoto T, Omura N, Kitade T
Asian Cardiovasc Thorac Ann 17, 183-185, 2009

25. Heparin-Induced Thrombocytopenia in Two Patients Undergoing Abdominal Aortic Aneurysm Surgery
Sugimoto T, Matsuo T, Wanaka K
Clin Appl Thromb Hemost 16, 110-114, 2010

26. Anti-heparin/PF4 complexes by ELISA in patients with disseminated intravascular coagulation.
Matsuo T, Matsuo M, Sugimoto T, Wanaka K.
Pathophysiol Haemost Thromb 36: 305-310, 2010

27. 閉塞を伴った遺残坐骨動脈瘤に対する1手術例
山中勝弘、杉本貴樹、森本喜久
日本血管外科学会雑誌 19: 619-623, 2010

28. Palliative Surgery for Malignant Mediastinal Tumor Invading the Superior Vena Cava and Right Atrium
Morimoto Y, Sugimoto T, Shiozawa H, Hai M, Yokoo Y.
Ann Thorac Surg 92: 720-722, 2011

29. Long-term extracorporeal membrane oxygenator support in resuscitation for intractable hibernating myocardium after coronary artery bypass grafting.
Morimoto Y, Sugimoto T, Shiozawa H.
Ann Thorac Cardiovasc Surg 17: 611-613, 2011

32. Surgical management of a ruptured pseudoaneurysm late after total arch replacement with omentoplasty.
Morimoto Y, Sugimoto T, Masunaga N, Yoshioka Y, Syuntou M.
Ann Thorac Cardiovasc Surg 18:, 2012

33. Laparoscopically harvested gastroepiploic artery for coronary artery bypass grafting.
Morimoto Y, Sugimoto T, Miyamoto K
Digestive Endoscopy 25: 213-4, 2013

34. 開心術後におけるトルバプタンの有用性:術後心房細動発症の観点から
森本喜久、杉本貴樹、坂平英樹、荒瀬裕巳、荒木恒太、藤本 亘、澤田隆一郎
Fluid Management Renaissance 3:429-431, 2013.

35. Successful Management of Threatened Aortic Rupture Late after Rib Fracture Caused by Blunt Chest Trauma
Morimoto Y, Sugimoto T, Sakahira H, Matsuoka H, Yoshioka Y, Arase H.
Ann Vasc Surg 28: 1035.e11-3, 2014

36. Constrictive pericarditis with pseudocirrhosis secondary to compression of right cardiac chambers by huge calcific pericardial cystic mass.
Morimoto Y, Sugimoto T, Sakahira H, Arase H, Araki K
Circulation 129: 2080-2, 2014

37.超高齢者の心臓血管外科手術後の早期回復を目指す上での課題
森本喜久、杉本貴樹、荒瀬裕己、高田ちほ、入江静夏、櫻井麻由、堀田亮子、武本昌子
静脈経腸栄養 29:1347-1349, 2014

38. 鈍的外傷による大動脈損傷に対する治療経験
荒瀬裕己、森本喜久、杉本貴樹
日血外学誌 44: 53-55, 2015

39. Endovascular Treatment of Inferior Mesenteric Artery Avulsion Caused by Blunt Abdominal Trauma
Uotani K, Hamanaka A, Arase M, Kadoba T, Yamasaki Y, Kushima T, Sugimoto T, Sugimoto K
J Vasc Intervent Radiol (JVIR) 27, 150-152, 2016

40. A New Hybrid Sutureless Patch Repair Utilizing Chitosan for Left Ventricle Rupture after Myocardial Infarction: A Case Report
Morimoto Y, Sugimoto T, Haba F, Sakahira H
Int J Surg Case Rep, 26:131-133, 2016

41. Successful Management Using Airway Pressure Release Ventilation for Severe Postoperative Pulmonary Edema
Morimoto Y, Sugimoto T, Akase H, Haba F
Int J Surg Case Rep 27: 93-95, 2016

42. Blunt Abdominal Aortic Injury Associated with L2 Vertebral Fracture.
Yoshioka Y, Morimoto Y, Sugimoto T, Akase H, Araki K
Ann Vasc Surg 34: 273.e1-3, 2016 (July)

43. Endovascular Aneurysm Repair with Balloon Thrombectomy for Acute Thrombosis of Abdominal Aortic Aneurysm
Uotani K, Hamanaka A, Matsushiro K, Idaka E, Ito K, Yamasaki Y, Kushima T, Sugimoto T, Sugimoto K
Cardiovasc Intervent Radiol 41: 182-185, 2018

44. Alfieri stitch for temporary severe functional mitral regurgitation after aortic valve replacement.
Morimoto Y, Sugimoto T.
Surg Case Rep. 2018 Jan 8;4(1):4

45. 慢性B型大動脈解離の偽腔拡大例に対し,エントリー閉鎖と偽腔塞栓術が奏功した1例
濵口 真里,杉本 貴樹,深瀬 圭吾,南 一司,魚谷 健祐,濱中 章洋
日血外会誌 2019; 28: 209-212

46. 鈍的外傷による急性動脈閉塞に対する治療経験
河本達也,高橋宏明,後竹 康子,魚谷 健祐,杉本 貴樹
日血外会誌 2020; 29: 245-248

47. Acute papillary muscle rupture immediately after ST-segment elevation acute myocardial infarction: A case report and review
Iwasaki M, Okuda M, Takahashi H, Sugimoto T, Hayashi T
Interv Cardiol 2020; 13: 229-233

著書・総説(4編)

1. 胸腹部大動脈瘤に対する外科治療
杉本貴樹
循環器科ー特集 大動脈瘤・解離の治療ー最近の進歩ー
pp34-42, 科学評論社, 2000, 東京

2. 治療の最前線 第4章 5. 静脈疾患ー深部静脈弁不全症
杉本貴樹
動脈硬化症と静脈疾患ー診断と治療の最前線ー(岡田昌義 監修)
pp204-213, 医学図書出版株式会社, 2001, 東京

3. 大静脈疾患の手術. 第6章 I. 上大静脈症候群.
杉本貴樹
心臓血管外科手術書(小柳 仁、北村惣一郎、安井久喬 監修)
pp401-405, 先端医療技術研究所, 2002, 東京

4. 肺高血圧症・肺血栓塞栓症に対するストラテジー:下大静脈フィルターを入れるべきか、留置を継続すべきか。
杉本貴樹
診断と治療6:803-807, 2015

研究発表(~令和3年3月)

317回(国際学会11回、国内学会総会148回、地方会158回)