診療科・センター・部門

救急科(救命救急センター)

概要・特徴

当院救命救急センターは、淡路島島内の2次、3次救急および災害医療体制の拠点として稼働しております。当センターは北米型ER 形式をとっており、各専門科医師はオンコール体制で緊急検査や手術等にも迅速に対応します。各科の連携も非常に積極的でまた、コメディカルスタッフとの連携も円滑です。地域の医療機関からの紹介も多岐にわたりますが特に、重症循環器系疾患は100% 当院に搬送されます。救急隊からのクラウド型12誘導心電図伝送システムにより、迅速な心血管治療を実施しております。また、重傷外傷事案においては、ドクターカー出動・ドクターヘリ連携により積極的な病院前の救急診療を展開しており、ER 搬入後は、外傷対応チームと連携し迅速なIVR および外科手術治療を展開します。
当院は、臨床研修医教育にも力を入れており初期研修医は全員が2年次に3か月間救急科をローテートすることになりますが、軽症から重症まで幅広く救急症例を経験することができます。地域の救急医療事情にも精通し、「最後の砦」の一員としての自覚も芽生えます。医師として成長するうえで基礎となる貴重な時間を体得できます。また、災害拠点病院としてDMAT(災害派遣医療チーム)を有し日々訓練を重ねており来たるべき災害に対し備えております。

救急患者状況

重篤患者数 年間比較及び年間来院数と入院患者

救急車搬入状況
救急受診患者内訳:2018年
ドクターカー・ドクターヘリ搬入件数:2016-2019年