診療科・センター・部門

リハビリテーション部・リハビリテーション科

概要・特徴

リハビリテーション(Rehabilitation)とは…
直訳すると“再び元の適した状態にすること”という意味になります。

はじめに

当科は救急医療に対応した急性期リハビリテーションを中心として早期離床を目指し、各部門共(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)病棟より開始しています。

施設基準

リハビリテーションは以下の施設基準のもとで行っています。

  • ・脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
  • ・運動器リハビリテーションⅠ
  • ・呼吸器リハビリテーションⅠ
  • ・心大血管リハビリテーション
  • ・がん患者リハビリテーション
  • ・精神科作業療法

リハビリテーション科スタッフ

  • 医師:3名
  • 理学療法士:8名
  • 作業療法士:4名
  • 言語聴覚士:2名

診療日・診療時間

月曜日~金曜日(祝日を除く)
午前9:00~午後5:30(外来診療は午前中のみ)

診療体系 -全て担当制-

診察は各部門共担当制で、入院診療につきましては潤滑な診療を目指し時間を決めさせて頂いております。

主な対象疾患

整形外科疾患(骨折等)、中枢神経疾患(脳血管障害等)、外科術後(開胸・開腹等)、廃用症候群(長期臥床等)、小児疾患(運動発達遅滞等)

その他

当科は各依頼科の医師の指示の下、診療を行っています。
当科の場所は理学療法・作業療法・言語聴覚療法は全て2Fに位置しています。

理学療法部門

理学療法(Physical Therapy)とは…

「何らかの要因で身体に障害を持った人(脳血管障害による片麻痺等)の可能な限り障害を軽減することを目的に身体機能評価、関節可動域や神経筋再教育、筋力増強をはじめとする各種の身体機能練習、痛みの軽減のための物理療法(Hot Pack、水治療法、低周波等)などを行い、日常生活動作能力(食事や排泄、整容、移動、入浴)を回復させることで社会復帰や家庭復帰を実現させることを目標に取り組むことをいい、これに携わっている従事者を理学療法士と呼んでいます。」
当科の理学療法士は、その中でも特に発症後早期の急性期リハビリテーションに従事し、早期離床を行い早期退院(転院)を目指しています。

病棟では例えば(1)骨折者においては可動域練習、筋力増強練習、起きあがり練習、立ちあがり練習、車椅子乗車・駆動練習を中心に行い、(2)脳血管障害者においては状態に応じて行っていますが意識レベルの低い人には拘縮予防目的に可動域練習、意識レベルの高い人には安静度が車椅子可能となれば早期離床目的に寝返り-起き上がりといった起居動作練習や座位耐久練習、立ちあがり練習等を行います。それぞれ理学療法室においては病棟練習の継続はもちろんのことバランス練習等も併せて行うことで最終的には歩行獲得等の粗大動作自立に向けて日々練習・指導を行っています。

転院される人に対しては淡路圏域のリハビリ中核病院ということもあり、患者さんや家族からの了解が得られると転院先のリハビリテーション科担当スタッフに対して紹介状を送って訓練状況をお知らせしています。

作業療法部門

作業療法(Occupational Therapy)とは…

身体または精神に障害がある者、又はそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持及び開発を促す作業活動を用いて、治療・指導及び援助を行うことをいいます。

当科では身体障害に対する作業療法とH25年度より開設となった精神科作業療法の2つがあります。

身体障害の作業療法

作業療法の内容は
(1)手や足の機能練習、(2)食事・更衣・排泄・入浴などの日常生活動作練習、(3)利き手交換、(4)炊事などの家事動作練習、(5)介助者の指導、(6)家屋改造への助言・指導、(7)自助具の考案・作製、(8)スプリント(手の装具)の製作・適合、などに対し治療・練習・指導及び援助を行っています。

また退院される人に対しては、家族を含め日常生活介助等の指導や助言を行います。

介護保険利用や家屋改修への助言や指導を行う事もあります。

医療終了後も継続する必要のある人には機能訓練事業への説明を行うこともあります。

転院される人に対しては淡路圏域のリハビリ中核病院ということもあり、患者さんや家族からの了解が得られると転院先のリハビリテーション科担当スタッフに対して紹介状を送って訓練状況をお知らせしています。

精神科作業療法

平成25年度新病院開設に伴い、作業療法部門では新たに精神科作業療法が開設となります。精神科作業療法(精神科OT)、精神障がいをもつ方に対する、様々な「作業活動」を用いた精神医療の一つです。

各個人が、精神科OTスタッフおよび看護職員と共に、生活していくうえでの技術やリズムの回復を目標としたり、意欲面の改善や他の人との関わり方などを体験していきます。活動は、リラクゼーション・楽しみ・遊び的(気分転換)なもの、体力向上的なもの、創作的なもの、日常生活に関連するもの、仕事的なものがあり、個々人に会わせて個別的・集団的に行います。

言語聴覚療法部門

言語聴覚(Speech Therapy)とは…

脳血管障害や事故による失語症、構音障害、高次脳機能障害などの評価、コミュニケーション手段の獲得などを中心に行っています。また、携わっている従事者を言語聴覚士と呼んでいます。当院では特に急性期ということもあり、嚥下機能の評価(誤嚥の有無の検査等)・訓練も重要な役割を担っています。